現在のいえづくりステータス:上棟も完了!順調に建築中♪(22/6/23)

【いつ終わる?】名医で歯科矯正して二年が過ぎた

【いつ終わる?】名医で歯科矯正して二年が過ぎた

去年の5月頃から表側ワイヤーで歯科矯正をしています。

アタッチメント(歯の表面につけるポチポチ)はセラミックです。

二年経過した、現在の正直な感想を書きます。

私の通っている歯医者は矯正専門な上、全国でも数少ない

「臨床指導医(旧:専門医)」に診ていただいています。

矯正歯科医の探し方はこちらの記事を見てください。

読んで絶対に後悔はしません。

矯正手順

さて、私の矯正手順です。

アタッチメントは必要に応じてちょっとずつつけています。

一度にすべてつけるとすべての歯が痛くなってしまうこと、

少しずつ動かしても矯正期間は変わらないと言われたためです。

私の場合は以下の対応をしてもらっています。

  1. アタッチメントをつける(1-4つ)
  2. ワイヤーをつける(太いものに替える)
  3. 抜歯をする
  4. 奥歯にバンド(大きい銀色の枠)をつける

一か月に一回通院しており、大体2番のワイヤー替えをしています。

また、特に動かしたい歯とワイヤーにゴムをつけることもあります。

私の場合は、抜歯をした箇所は隙間が空いているので

ゴムを使ってピンポイントで動かしました。

痛みの具合

施術中は痛くないので、終わった後数日、痛い順で書きます。

  1. 抜歯
  2. アタッチメントをつけてワイヤーも通したとき
  3. ワイヤーを太いものに替えた時

1の抜歯は言わずもがなしばらく痛いです。

2と3ですが、ワイヤーを付け替えるたびに(通院するたびに)数日痛みます。

前歯を動かしているときが特に痛みます。

ただし、動かす方向?が決まって微調整段階になると通院後数日でも全然平気です。

「ワイヤーを太くするよ」「ほかの歯も動かすよ」となった時には覚悟してください笑

施術とは違いますが、1,2位を争う痛みがあります。

歯が動いた結果、隠れていた虫歯が見つかった時です。

歯並びが悪いと歯ブラシが届かず虫歯が隠れていることが多く、

歯を動かして隙間ができた結果、

気づかなった歯の痛みが表面化します。

今まで「矯正をすると虫歯が増える」と聞いていましたが、

矯正器具のせいで歯磨きがしにくくなったからではなく、

隠れていた虫歯が出てきたことが原因かもしれません。

現在の状況

上の前歯→徐々に横へ→下の前歯→徐々に横へと続き、

二年過ぎた現在ではすべての歯にアタッチメントがついています。

おおよそ一か月ごとに通院をして調整しています。

今後やること

上の歯は抜歯が終わっているのですが、

下の歯は抜歯のために歯の隙間をあける準備中です。

ここでなんと!妊娠が発覚しました。

妊娠中でも矯正は続けられるのか?

詳細は別記事に書きますのでこちらをご覧ください。