現在のいえづくりステータス:住宅ローン本審査完!間取り打合せ中(7/4)

【建築系Youtuberのすすめ】断熱を学びました – いえづくりログ11

【建築系Youtuberのすすめ】断熱を学びました – いえづくりログ11

ご訪問ありがとうございます。
本記事の内容は2020年の夏の出来事です。

前回まで

ハウスメーカーやYoutube、
いろいろなところで情報集め。

でも行き当たったのは、
「誰が言ってることが本当?」
ということでした。

それを判断できるよう、
ふたりは勉強を始めます。

今回は断熱に関するお話で、
参考にした動画を紹介していきます!

いえづくりログ

「はい、では今日のところ始めていきます。」

というのがこのころの口癖。
松尾設計室さまの動画開始の一言です笑

発表を開始する一言。

私も学生の時から、
自分の発表を始めるときは、
「はい!」パンッ
と言って始めます。

みなさんはそういうスイッチみたいな一言ありますか?

– 断熱・Q値・Ua値

今回は、
“断熱”に関する動画を紹介しながら、
考えたこと・感じたことを
お伝えできればと思ってます。

が、その前に、
本記事や動画で出てくる
キーワードをいくつか紹介します。

このあたりのキーワードを
わたしたちは一条工務店で聞いたので、
これで勉強した!というのが特にありませんでした。

このあたりの話は、
ググればいくらでも出てきます。

– 断熱性とは

熱の通しにくさ、のことです。
特に住宅に関する断熱性とは、
外気温がどれだけ室温に影響を与えにくいか、を表します。

要するに、
家の外の寒さ・暑さが、
家の中にどれくらい伝わりにくいか?
家の中の暖かさ・涼しさが、
家の外にどれくらい失われていくか?
を表す指標です。

で、Youtubeやブログで
断熱性の話が出てくるとき、
断熱性を数値化した指標として、
Q値やUa値という言葉が出てきます。

– Q値とは

熱損失係数を表し、
家の中から外へどれだけ熱が失われるか?を表します。

ですので、
Q値は小さいほど良い!
ということになります。

単位は”W/㎡K”で、
Wはエネルギー、
㎡は敷地面積、
Kは温度です。

単なる数字遊びですが、
例えばQ = 2 [W/㎡K]の家で、
外気温が8℃、室温が20℃、
家の延床面積が100㎡だとすると、

家の中から失われる熱Eは、
E = 2 × 100 × 12 = 1200 W
となります。
(Q値 × 延床面積 × 内外気温差)

この状況だと、
1200Wの熱源で部屋を暖め続けないと
室温をキープできないということになります。

春や秋の過ごしやすい季節は、
家の中も外も20℃、
みたいな状態なので、
内外気温差が0℃となります。

ですので、
E = 2 × 100 × 0 = 0W
となり、
家の中から熱が失われないので、
暖房も冷房も要らない!
というのは直感的にイメージできるかと思います。

– Ua値とは

外皮平均熱貫流率を表し、
Q値同様、
家の中から外へどれだけ熱が失われるか?を表します。

ですので、
Ua値は小さいほど良い!
ということになります。

単位は”W/㎡K”で、
Wはエネルギー、
㎡は外皮面積、
Kは温度です。


その説明さっきも聞いたわー、
Q値もUa値も一緒やん。

と初めて見る方は思うと思います。
単位も一緒ですし。
ポイントはどの面積に着目するか、
ということです。

Q値は延床面積(下図の緑部分)、
Ua値は外皮面積(下図の青部分)、
それぞれの面積あたりの熱損失を表します。

– G1/G2/G3

あとはUa値によってグレード分けがあります。

これは、HEAT20で決められているもので、
横浜在住だと6地域なので、
Ua値0.56以下だとG1グレード、
Ua値0.46以下だとG2グレード、
となってます。

さらにこの上に、
Ua値0.26以下だとG3グレード、
というのもあるようです。

また、Q値によってグレード分けする、
“Q1住宅”というキーワードもあります。
こちらはQ値が1を切るというところから、
どれだけ断熱性能が高いかを、
Level1 – 4で示すようです。

– ここまでのまとめ

断熱性とは、
家の中の熱の失われにくさの表現方法で、
Q値・Ua値という数値で表現される。

Q値もUa値も面積あたりの熱損失のことで、
違いは延床面積あたりの熱損失か、
外皮面積あたりの熱損失かということ。

で、最近は
Ua値で語られることが多いようです。

特にG1/G2/G3といったグレードは、
たびたび動画やブログで紹介されてるので、
…まあ慣れます。

– 今回勉強した動画

さて、
本記事で出てくる用語説明を終えたところで本題です。

“断熱”に関して勉強した中で、
一番おまちゃんが「なるほど」
となった動画はコチラ。

いや、あれだけ言っておいて、
松尾設計室さまの動画じゃないんかい!
ってな感じで恐縮です…。

この動画を見ると、
断熱性・Ua値がどれだけ重要か、
というのがよくわかります。

こちらで言っておられるのは、
・今メジャーになっているUa値
・平均寿命がのびていること
・電気代の推移について
の3点です。

ちなみにこちらの動画の方は、
(詳しくは把握していないのですが…)
アールデザイン株式会社や
ウェルネストホームの今泉さん。
いろいろと動画を見ている中で、
めちゃ数字とグラフを使う方です。
(なのでぼーっとは見れない)

詳しい内容は動画を見てください。
以下は断熱に関して考えたこと・思ったことです。

– 人生100年、健康に。

家を建てるのであれば、
10年20年ではなく、
50年60年は住んでいたい。

その間、健康に!快適に!
暮らしていきたいものです。

以前の記事でも書きましたが、
お家の中の温度ムラを抑えることは、
健康に暮らすうえで重要です。

そう、ヒートショックですね。

若いうちは大丈夫かもしれませんが、
急激な温度変化によって血圧が急激に変化して…パーン

ってやつです。

まあそうでなくても、
廊下に出たらめっちゃさむい…とか、
夏場2階が暑すぎる…とか、
避けられるなら避けたいじゃないですか。

– 同じお金を出すなら…

さらにもう1点。

50年暮らすお家、
せっかくなら50年の総コストを考えたい。

Ua値を小さくしようとすると、
その分初期建築コストが高くなる。

でも

高断熱なお家は光熱費が安い。

長期的なスパンで考えると、
高断熱なお家のほうが有利、
というのがいろいろな動画で言われていることです。

G2以上くらいを目指すと、
30年くらいで総コストが逆転!
という意見が多そうです。

多くの人はその30年間、
住宅ローンと光熱費を毎月毎月払うわけです。

片方の人は、
住宅ローンは安いけど、
光熱費が高い。

もう片方の人は、
住宅ローンは高いけど、
光熱費が安い。
しかも家が高断熱だから、
快適に暮らせる可能性が高い。

どうせ30年のコストが同じなら、
良いお家で快適に暮らしたい!

もちろん、
予算は人それぞれだし、
Ua値だけがすべてではないです。

実際の家の設計・間取り、
どんな風に生活するか、
いろんな条件に左右されると思います。
(パッシブとか気密とかも。)

– 目指す断熱性

最終的に腹落ちした考え方は、

(やみくもに)高断熱な家を建てよう!

ではなく、

30年以上のスパンで
全館空調が有利になる
G2レベル以上の家を建てたい!

ということでした。

こういう動画内で説明されてることって、
あくまでモデルケースに基づいた、
一時近似的な計算モデルだろうし、
人によって実際のコストは違うと思います。

それこそ暑がり/寒がりの違いでも、
光熱費って違いそうですもんね。
(年中Tシャツおじさん最強説)

あくまで紙の上の計算上の話でしょ?
理論値と実測値は違うかもしれません。

でも断熱の話に限らず、
こういった理論値、計算上の値を
知っておくことって重要だと思います。

だってそれを知らないと、
何が妥当なのか?判断できません。
ここが自分たちの根拠になると考えました。

– いえづくりのコンセプト

というわけで、
勉強をするうちに、
あるいは一条工務店に行った時から、
わたしたちの家づくりのコンセプトの一つは

高断熱な家を建てる!

でした。

Ua値で言うと0.46くらいは目指したい。
予算が許す範囲でより高断熱にしたい。

とはいえ、
絶対にG3じゃないとダメ!
とは思いませんでした。

予算的な問題で、
上を見だすとキリがない…。
というのもありますが、
こういった性能の話って、
突き詰めると、世界中同じ家でいいじゃん…ってなるのかなと思います。

人類はみな、
どこに置いても快適な最強の箱の中で暮らすのだ!
というのもなんだか味気ない。

断熱だけではなく、
そこに暮らす人たちの個性、
その土地が持つ特徴、
その町の雰囲気、
いろいろな要素が掛け合わさって…
という考え方が好きなわたしたちでした。

それぞれの人に合ったいえづくり、
その情報整理や共感ができるようなブログを作りたいなぁ。

と言ったところで本日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました!

(続く)