現在のいえづくりステータス:住宅ローン本審査完!間取り打合せ中(7/4)

【結婚のご挨拶に悩む方へ】顔合わせせずに結婚した夫婦の一例

【結婚のご挨拶に悩む方へ】顔合わせせずに結婚した夫婦の一例

こんにちは、ちゃんです。

2020年11月に入籍した新米夫婦です。
婚約は2020年6月なので、コロナの状況下にありました。
親が遠方にいる場合のご挨拶、結婚式など
我が家の一例をご紹介します。

一般的な婚約から結婚への流れ

プロポーズ成功!
でも結婚までに何をしたらいいの?
顔合わせ?結納?式は?


二人やご両親の関係によって様々な例がありますが、
まずは、コロナ下ではない状況での、一般的な流れを紹介します。
我が家の一例を知りたい方は
2章へGo!

親への報告・実家への挨拶

付き合っているときから紹介している人もいると思いますが、
まずは親に二人が結婚する意志があることを伝えます。

電話でも良いですが、
直接二人で実家に挨拶に行って
目を見て会話するのが人となりも伝わると思います!

一つの例ですが、
女性が男性の苗字になる場合は、
「嫁入り」になります。(逆の場合は読み替えてください)
男性が女性のご実家に対しては
娘さんを大切にします!(もらいます)
と認めてもらう立場になり、
逆に女性が男性のご実家に対しては
よろしくお願いします(もらわれます)
と男性側の家族の一員になる挨拶になります。

(婚約指輪)・結婚指輪の準備

婚約指輪は、「あなたと結婚したい!」
と男性から女性への強い想いを伝えるものと言われています。
両親にとっては男性側の覚悟とも捉えられるようです。
給料三か月分と言われるくらい高価なものを贈りますからね…。
と言いつつ、実際は1か月くらいが相場のようです。
ゼクシィさんのサイトを参考にしました)

女性だけがもらうものなので、
そのお返しに、ネクタイピンや時計など
男性が欲しいものあげる女性も多いようです。

結婚指輪は、今後二人で長い間付ける指輪ですね。
普段から付けるものなので、家事や仕事の妨げにならない
シンプルなデザインを選ぶ方が多いようです。

どちらも受け取りまでに1-2ヶ月くらいかかるので、
早めに準備しておくことが大事です!

両家の顔合わせ・結納

お互いの両親同士のご挨拶になります。
地域によってそれぞれなので、
ご両親に確認してから勧めたほうがよいです!

正式な結納は仲人を立て、
いただく側の家(「嫁入り」であれば男性家族が女性の家)
に結納品を持ってご挨拶します。

最近は略式で済ませることが増えており、
ホテルやレストランなどで両親同席の元、お食事会をします。
この時までに指輪など、
結婚の記念になるものを準備しておくことがおすすめです。

新居や新婚旅行の準備

結婚前にすでに同棲している…というカップルもいますが、
結婚を期に実家から出て一緒に住む人も多いです。
両親や祖父母の考えによっては「結婚する前に同棲は禁止!」
と言われる人もいるので、結婚式の前後に合わせて新居を探しておきましょう。

新婚旅行は必須ではありませんが、記念に行く人は多いですね。
海外に行く場合はパスポートの旧姓で予約をとっていると思うので、
注意してくださいね!

結婚式の準備

およそ1年前から式場は埋まります。
アクセスしやすい・会場がおしゃれといった
人気のある場所や大安はすぐに埋まってしまうので、
二人の意志が固まったら、
デートのくらいの気持ちで見学に行き、早めに予約するのが良いです。

入籍

最近は結婚式よりも前に入籍するカップルが増えてきています。
数十年前だと結婚式と同じ日に入籍するのが一般的だったため、
入籍日もあらかじめ両親に相談しておいたほうが、
安心ですね。

コロナ状況下の我が家の場合

さて、私たちの時はと言いますと…

緊急事態宣言は解除されたものの、
世間は謎のコロナというウイルスに震えておりました。
まず前提として、我が家は
「コロナウイルスに対して、一般的な予防法(手洗い・うがい・適度な消毒)を取って生活に支障のない範囲で外出する」
といった考え方を持っています。

親への報告・実家への挨拶

ちゃんの両親は関東と東北に、おまの両親は関西にあるので
どうしても遠方になってしまいます。
8月頃は世間的には経済を回すことを優先になっていたため、
緊急事態宣言になる前にさっさと行ってしまおう!と
ほぼ全ての旅程を決めました。

個室のレストラン・料理店にて親と私たちでご挨拶をしました。
法事ごとやお互いの実家への訪問もあり、
観光はほとんどできませんでした。

婚約指輪・結婚指輪の準備

ふらりと立ち寄ったダイヤモンドシライシにて

プロポーズは指輪を差し出して! 
というのはなかったので、
二人で買いに行きました。
結婚指輪も同じお店に別日に買いに行きました。
それぞれ受け取りまでに1-2ヶ月くらいかかりましたね。

婚約指輪が届くまで二人の記念が欲しいな..と思ったので、
その日にささっと作ってくれる
アクセサリー用の指輪屋さんに行きました。
普段は大行列で整理券が必要らしいのですが、
幸か不幸かコロナで人が少なかったので
並ばずに作ってもらえました。

両家の顔合わせ・結納なし!

結論から言うと、顔合わせはまだ行っていません
結納はなくなりました。

顔合わせは2020年12月に関東に来てもらって行う予定でした。
お店の予約は完了。移動の予約をしてもらおう!
とした矢先に、東京で新規感染者1000人越えの報道が…

東京周辺での食事会を考えていたので、
少し様子を見ましょう、ということになりキャンセルしました。

オンライン(テレビ電話など)も考えたのですが、
突然の電話は緊張するのでいつかご挨拶を、
と話したまま現在に至ります。

結納は「嫁入り」なので旦那側からのお声がけはありましたが、
嫁側でのしきたり等はなかったため、
コロナに関係なくやらないことになりました。

新婚旅行は諦める

Go Toキャンペーンに合わせて行きたいなと話していましたが、
キャンペーンがなくなるどころか
年末は「外出控えましょうキャンペーン」になったため
行くことは諦めました。

新居は新郎側がもともと大きめの一人暮らしの部屋を借りていたため、
大家さんに相談の上、同居しています。
※二人暮らしNGのところもあるので必ず相談しましょう

引っ越しは、大型家具家電はすべて処分していたことと、引っ越し先が比較的近かったため、引っ越し業者には頼まずに自力で行いました。

フォトウェディング

結婚式も諦めました。
去年(2020年)に実施できなかった友人は
今の時期(2021年4-5月)に式を挙げる予定らしいので、
そろそろ大丈夫だろうと考える人が多いかと思います。

私たちが諦めた理由は、
それぞれの親戚が遠方にいるのと高齢の方がいるからです。
あと、私(新婦)が恥ずかしがり屋だからです。

そこでフォトウェディングにしよう!という話になりました。
場所の希望が「自然が多いところ」だったので、
参列者のアクセス等を気にせず
好きなところで決めることができたので
結果的には良かったかなと思っています。

まだ実施していないので、どんな状況だったかお知らせします。
両親親戚にはフォトアルバムを送る予定です。

入籍

記念に入ったお店がイタリア料理店だったため、イタリア語でお祝いしてもらいました。

結婚式を挙げるにしても日程が決まっていないので、
親への報告の段階で式を決めるよりも先に入籍をしたいと話をしました。

本来は両家挨拶が済んでからとは言われましたが、
このご時世でいつになるかもわからないので、
すぐに入籍しても良いと許可をもらいました。

まとめ

コロナ下という理由で、
本来するべき手順をすっとばして結婚した夫婦もいますよ!
という一例をお伝えできればと思いました。

不測の事態なので、
身内と会話しながら進めるのが
のちのちのトラブルを避けられると思います。
一生の付き合いになるので、慎重に行動しましょう!

友人の挙式も参列予定なので、
その時の情報も紹介します。