現在のいえづくりステータス:間取り打合せ中 & 解体見積もり中(10/19)

【初心者向け】予算感を自分で確認しよう。 – いえづくりログ03

【初心者向け】予算感を自分で確認しよう。 – いえづくりログ03

ご訪問ありがとうございます。
本記事の内容は2020年の夏の出来事です

前回まで

マンションギャラリーに見学に行き、
はじめて具体的な予算感を得たふたり。
これくらいの物件を買う能力があるのか、と
謎の自信で帰り道に不動産屋をのぞきます。

いえづくりログ

横浜駅は西口も東口も好きです。
最近だと高島屋の地下街が拡張したので、
お店の顔ぶれも新しくなってます。
シアルが開業したのもほんとに便利です。

– 銀行たくさん

当時は全然気づきませんでしたが、
横浜駅の西口って銀行がたくさん。
後々住宅ローンの事前審査をするために、
このあたりをぶらつくことになります。

– 店頭広告にて

相鉄不動産に入る前に、
三井のリハウスの店頭広告を見るふたり。

直前にマンションの価格を知って、
自分たちがどれくらい借り入れられそうか、
知ったので「これは買える」というのがわかるようになっています。

この時のわたしたちはこの感覚が楽しくて
「この物件買ったらどの部屋で寝る?」
とか
「部屋割りはどうしようね」
などと新婚夫婦みたいなやり取りをします。

– 住宅ローンの試算

…とこんな風に楽しく物件を見ていますが、
「人に言われて」「一般的な目安で」、
自分の予算感を決めるのは危険です。

– よく見る話は…

こういう住宅ローン借入額の目安で、
年収の7掛けのローンは借りられる
とか
収入の3割の家賃が目安
とかをよく見ます。

例えば年収500万円なら、
7を掛けた3,500万円くらいは借りられる。
月収20万円なら6万円くらいの家賃が目安。
といった具合ですね。

こういう指標って多くの場合、
大きくは間違ってはいないと思うのですが、
一度は自分で計算しておくのがいいです。

だって何にどれだけお金を使うかは
人によって違いますから。
(私は結婚するまで食費がすごかった。)

– 自分でローン計算する

Excelでも簡単に計算できますが、
スマホで見ている方やExcel苦手な方は、
「住宅ローン 計算」でGoogle検索!
いろんな計算サイトが出てきます。

私が気に入ってるのはコレ
自分でライフプランとか計算し始めると、
繰り越し返済の影響が細かく気になってくるので重宝します。
ありがたく使用させていただいております。
<(_ _)>

使い方に関しては、直感的にわかりますが、
例えば、

  • 借入金額3,000万円
  • 全期間固定金利1.3%
  • 借入期間35年

…と入力して「計算する」をクリック。

ポチッ

ちなみに設定は適当です。
金利に関しても相場がわからなければ、
こんなもんなんだと思っておいてOKです。

ポチると画面が変わります。

ここで出てくる「返済月額」が
毎月支払うことになる金額です。

ですので、3,000万円の住宅ローンを組むと
家賃が88,944円ということになるのです。
(ちゃんと出ました?)

35年ローンってすごいですね。
3,000万円が月々9万円弱になるんです。

– ただし!

マンションの場合は管理費、
戸建ての場合がメンテナンス費、
このどちらかがかかってくるので、
その点も要注意です。

そういう意味でも、
自分で計算をしてみる、というのは大切。

もっと踏み込んだ話は追々します。
まず第一歩目として、
住宅ローン計算してみましょう。

– 不動産屋さんにて

だいぶ話がそれてしまいました。

場所が変わってふたりは、
相鉄不動産で店頭広告を見ています。

そして二人はなんとなく得た予算感を伝え、
希望のエリアを提示します。

すると結構出てくるんですよね、物件。

今から思うと、
その時は本当に知識がなかったし、
(今も勉強中ですが…)
いろいろ知らないままに決めなくてよかったと、そう思います。

– エリアの雰囲気を聞き出す

一つ良いな、と思ったのは、
対応してくれた女性の方が結構ズバズバ言ってくれるんですよね。
この地域はちょっと治安が…とか、
ここはやめといたほうがいい!とか。

わたしたちは神奈川出身じゃないので、
土地勘がないというか、わからないんです。
どのエリアが良いとか悪いとか。

ですので、
そういうことをズバズバ言ってくれた
この女性担当者の方には感謝です。

– 話もそこそこに

たまたま立ち寄った程度だったので、
いくつか物件を紹介してもらって帰宅。

あ、ここも飲み物いただけました!

さてここから、
おまとちゃんのマンションvs戸建て論争
始まります。

おまはマンション育ち。
ちゃんは戸建て育ち。
ふたりの衝突は避けては通れない道でした…

と書いてみましたが、
実際は結構すんなりと戸建て!となります。
次回はそのあたりから。ではでは。

(続く)