現在のいえづくりステータス:住宅ローン本審査完!間取り打合せ中(7/4)

【暫定版】なにを重視すべき?ブランドベッド8選 ~基準編~

【暫定版】なにを重視すべき?ブランドベッド8選 ~基準編~

コロナで在宅も増えたし、
家での時間を大切にする人が増えています。
特に、睡眠は人生の3分の1を占めるので
それなりにこだわりたい…
というわけで、複数のベッドメーカーを扱うショールームに行きました。

色々なブランドを平等な目線で試したい

百貨店などの常設・特別スペースで、
それぞれの色んなベッドがあるけど…
どこも自社の良いところアピールをするので、
実際どこが良いのかわからない。

まとめて扱っているところはないかな?

と、調べて出てきたのが「ソメイユ横浜」
(今現在、東京・茨城・神奈川にショールームがあるようです)
横浜店は全10種ものブランドを取り扱っているようで、端から端までゴロゴロしてきました↓↓↓
※コロナ対策はされていましたよ!

マットレスは大きく3種類ジャンルがある

ベッドの心臓(?)であるマットレス。
その中身は、大きく分類すると3種類あります。
(写真OKなので撮ってきました)

ポケットコイル(並行配列・交互配列)
ボンネルコイル
  • ポケットコイル:コイルが袋に包まれて並べられて入っています。
    • 並行配列:きれいに横並びになっている
    • 交互配列:スキマなく並んでいる。並行配列よりちょっとかたい。
  • ボンネルコイル:ぐるぐるが縦横左右で全部つながっている
  • ノンコイル:ウレタンなどが敷きつめられている

ポケットコイル系は、それぞれが独立しているので、
沈みやすいです。
二人以上で寝るときに隣の人の動きが伝わりにくく、
おすすめです。

一方でボンネルコイルは、がっしりとしているので、
沈みにくく、布団に近い感覚です。
耐久性にすぐれています。

ノンコイルは素材に大きく左右されますが、
ポケットコイルよりも体にフィットします。

メーカーの特徴まとめ

それぞれのベッドの特徴を、
店員さんの説明+おまちゃんの試した感想からまとめました。
硬さと体へのフィット感を図にしています。
天井側にクッションが別でついていたり、
複数のジャンルを扱っているメーカーもいるので、
範囲は広めにとっています。

色はポケットコイル/ボンネルコイル/ノンコイルです

何を基準に選べば良いの?

寝返りはうった方が良い?悪い?
寝返りは脳から「動け!」と言っているので、
基本的にはしない方が良いです。
しかし、同じ体勢で寝ると体が凝り固まってしまう…

寝てすぐは深い眠りに入りやすいように寝返りが少なく
しばらくしてからは、
体の血流が悪くならないよう寝返りをうてるのが、
体への負担は少ないです。

ベッドが柔らかくて沈み込むと寝返りは減り
硬くて反発すると寝返りは増えます
つまり、どちらに重点を置くかで変わってくるかと思います。


ちなみに布団文化だった日本人は、
体にフィットしすぎると落ち着かないようで、
比較的硬いベッドが好きなようです。
各メーカーも日本の気候・日本人の好みに合わせて、
ベッドの素材や硬さを決めているようです!
(ただの輸入品じゃないんだ…!)

一方、ベッド文化の海外では、
柔らかい体を包み込んでくれるベッドが主流なようです。

ただ、最近は欧米化したのか、
やわらかいものを求める日本人が増えてきているみたいです。

結局、良いベッドはどのブランド?

特徴はわかりましたが、値段の高い買い物。


ぶっちゃけどこのブランドが良いのですか?


と店員さんに聞いちゃいました。すると….


「お客様の好みによりますね」
なんとも無難な回答…確かにそうかもしれないけども!
というわけで次回は、
各ブランドについて実体験を元にレビューをしていきます!
(続く)